続ける技術 | 君も三日坊主から四日坊主へ!

投稿日:2010-07-07 更新日:

なるほどね、こりゃ続くわ。。

↑ってのが、この本の最初の感想です。
脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術
この本で書かれてるテクニックは盛りだくさんですが、
基本はこの2つを押さえれば、そりゃ誰でも続くな、って。
一応、ここでマインドアップをご覧あれ。

送信者 カイモノログ

続けるためには、以下の2点を徹底的に解明、対策実行、解明、実行と繰り返すだけ。

  1. 自分に甘くしまくる(ターゲット行動)
  2. お邪魔モノを遠ざける(ライバル行動)

この二つを日常から探してみると、面倒なことも続く。
自分の生活を例に考えてみましょうか。

これが秘訣(とろけるように自分に甘く、邪魔モノにとにかく厳しい)

例えば、今まさにこの記事を作成することを考えるとします。
「ブログを毎日更新する」という目標です。
「自分に甘くする」ということは、こんな感じ

  • 一記事の分量を少なく設定する。
  • いつでもどこでも記事をかける携帯ツールを導入。
  • 記事をかけたら、その日のテレビを見ても良い。
  • パソコンのブラウザを開いたら、ブログの更新画面が出るようにする

対して、「お邪魔モノの排除」とは、こんなこと。

  • テレビのリモコンを隠す
  • ツイッターやニュース、メールなどのメディアを開かない
  • 仕事机でごはんを食べ、ソファーに座らない

なんか、分かる気しません?
僕の場合は、いつも何事も続かない理由は、とにかく気を散らせるメディアが周りにたくさんあって、それらに意識を刈り取られてしまってることでした。
ご飯を食べるときに撮りためた番組を見ると、ご飯を食べ終わったあともついソファーで横になりながらどんどん次の番組を見る。
気づいたら眠くなってくる、時間も遅い。「・・・ブログ・・・明日にしよーっと!」
・・・翌朝、
「さー、パソコン開いてやるかー!」と仕事机に向かうものの、メールが来ているのでまずそれをチェック。メルマガに気になるリンクがありそれをチェックしていると、ツイッターに面白い投稿があり、ついそのリンクもクリック!「ふむふむ、んー、面白い情報だったなー」・・・「あれ!?もう会社いかなきゃ、よし、今日帰ってからやろーっと!」
はい、無限ループっ!
という悪しき習慣が蔓延していたわけです。なのでテレビと、ネットの面白記事に自分を流さない邪魔モノ刈りをしながら、すぐにブログ記事がかける仕組みや、ストレスなくかける記事分量設定、記事を書けたらテレビ解禁などのアメを用意することで悩みを解決しようとしたわけです。
実際この方法、かなり効きました!
だってこの記事、書いてますもん。今。。
基本テクだけでもこの驚くべき効力ですが、その他にも「サポーター」設定や、「行動誓約書」など、さらに上級のテクニックがたくさん載ってます。しかもすべて行動科学という科学的要素に裏打ちされたものです。
今一回手法を学ぶことで、今後の一生に効いてくる本です。しかも、言い忘れましたけどマンガなので、30分くらいでペロリと読めちゃいます。
どうぞ!おすすめします。↓
脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術
注:ちなみに僕はメンズですが、全く問題なく読めます。。

-
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

『レバレッジ・リーディング』 | 僕は本を読まずに字を読んでただけだったのか・・・。

『レバレッジ・リーディング』を読んでみました。ええ、みなさんの言いたいことは痛いほどわかります。わかってますとも! 「読むの、おっ、遅っっつ!!」 って言いたんですよね!?そうなんです、分かってるんで …

no image

「変わりたいけど、将来が不安で会社にしがみつくしか無い」あなたが読むべき一冊『自分の中に毒を持て』

久々に本を読みました。タイトルがあまりにも衝撃的な本でした。 『自分の中に毒を持て』(岡本太郎 著) 自分の人生を生きろ!というテーマについて、火の出るような情熱で書かれた本で、ボク自身かなり背中を押 …

no image

本を読む本 | 本の理解を100倍にするモノ

この本を読んで、今までの自分の読書の方法を、本気で反省させられました。 その名も、『本を読む本』。タイトルからしてトンチが効いてます! 本を読む本 (講談社学術文庫) J・モ?ティマ?・アドラ? V・ …

no image

知の衰退からいかに脱出するか? | ←読むと平均社会が怖くなる

かれこれ人生25年目と結構歳くってきましたが、今の今まで気づかなかったんです・・・。 時間はかかったんですけど、それに気づかせてくれた本↓↓ あぶね?。。 毎度大前研一さんにはお世話になります。 『知 …

no image

『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』苫米地式速読法で1冊を3倍深く理解できる。

まずこの本は、速読方法の説明だけでなく、最終的には自己啓発的な内容に掘り下がっていくという意外なストーリー展開を見せます。自己啓発的な部分は別の本を読めばいいと思ったので、ここでは速読の部分に特化して …