アプリケーション

GIMP | 目に入る世界全てを加工したくなるモノ

投稿日:

GIMP − フリーウェア

殺風景なWebをGIMPでグラフィカルに変えたい!!

最近このブログをはじめ、非常に味気ないブログを量産してるなー・・・(´Д`)っていう女子みたいな悩みもあり、ふとデザインって大事だな。勉強しないとだめだなと思い始めてましたところ、本屋さんでこの本に出会っちゃいました。

“徹底図解 GIMP & Inkscapeのすべて (100%ムックシリーズ)” (晋遊舎)

GIMP・・・?じんぷ?(ぎんぷとも呼ぶらしい)「無料なのに最高級のツール」って書いてあるじゃん。なんなの・・・これはなんなん!??という葛藤から手にとったのが始まりです。

GIMP(ギンプ)、GNU Image Manipulation Program)は、GNU GPLの下で配布されているビットマップグラフィック編集・加工ソフトウェアである。1995年にSpencer KimballとPeter Mattisが開発を始めた。マスコットは「ウィルバー(Wilber)」。
フリーソフトでありながら有料のグラフィック編集ソフトウェアと比べても遜色のないレベルの機能を備えている。レイヤー、トーンカーブ、ヒストグラム、画像の形状からの切抜き、ブラシエディタ、パスの編集、多種多様なプラグインなどに加え、モザイク編集や、アニメーション合成(GIFアニメーション)を行うなどといったフィルタ機能も数多く備えており、これひとつで、コンピュータ上のほとんどの画像編集は行える。
(Wikipediaより引用)

というモノの様です。簡単にいうと無料なのにめちゃめちゃ高機能な使えるツールだってことですね。

とにかくGIMPを使ってみた

まずはGIMPをMacにインストールして使ってみた。・・・・?まず、日本語が打てない!えぇぇえぇえー??(´Д`)だめじゃんと思いながらネットを検索していると、デフォルトのMac版では日本語が打てないのでいろいろやらないとイケないらしい。仕方なく、Mac上にインストールしていたWindowsXPにGIMPをインストール。今度はすんなり日本語も打てた♪

しかし、『さーっ、始めるかー!』と思った刹那・・・『何始めればいいの??』と気づいた自分がいました。そもそも絵心もGIMPに触ったことも無いのに、イキナリ絵や画像編集なんて出きっこないじゃん・・・ってことで、何か始めるときはまずは基礎からという日本人気性丸出しで本から入りました。参考書として選んだのはこれ↓↓

“徹底図解 GIMP & Inkscapeのすべて (100%ムックシリーズ)” (晋遊舎)

最初は何にも分かんなかった操作を本に書いてある通りに真似しながら作っていくことで、なんとなくフォトレタッチや絵をかくという感覚が分かってくるんですね。

StockExchangeなどで拾ってきたフツーの写真が、本の言うとおりにGIMPを操作するだけで本の表紙や有名写真家の作品のようにドラマチックな作品に仕上がっていくあたりで、自分に感動!(笑)さらに面白さがわかってきます!

それにしても、フリーウェアのGIMPというソフトの凄さというのを何よりも実感します。PhotoShopいらないじゃん。。

GIMPで作った初作品集!(ただ教科書どおり・・・。)

ってことで、何よりも証拠なので『徹底図解 GIMP & Inkscapeのすべて』で作ってみた画像を恥ずかしながら公開でっす!

【作品1】レトロなシネマ風写真

・編集前

・編集後

【作品2】美容院っぽいポスター

・一から作成

【作品3】手書きの油絵風写真

・編集前

・編集後

【作品4】現代アートっぽいポスター

・一から作成

マジで、これ全部ずぶ素人の僕がGIMPと教科書を読みながら一から作った作品すよ!自分の才能と勘違いしそうで危なっかしいっ!

GIMPでWebの表現が100倍多彩になりそう

こんな感じで一からお勉強始めた僕ですけど、意外とモノになってきた予感。こつはホントのボタンの配置などの基礎とかをサラッと本を使ってなめたあとは、一から手順が載ってるフォトレタッチの作品をとにかく作ってみる!いろんな特殊効果とかがいっぱい入ってるんだけど、それらをどう応用すればどんな写真が作れるかは感覚でしか身につかないだろうから。

もともとは今の自分のしょぼいWebサイトをキレイに見せられるようにしたいってのがそもそもの目的だったんですけど、いろんな絵を作ること事態がめちゃめちゃ楽しくなってきちゃいました。ま、イコール僕のWebサイトも大幅レベルアップすることも間違いないですねー。

みなさんもお試しください。ただ、最初は道しるべがないと何にもできないから、このへん↓↓の教科書はぜったい読んだほうがいいすよ。

“徹底図解 GIMP & Inkscapeのすべて (100%ムックシリーズ)” (晋遊舎)

-アプリケーション,
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

『レバレッジ・リーディング』 | 僕は本を読まずに字を読んでただけだったのか・・・。

『レバレッジ・リーディング』を読んでみました。ええ、みなさんの言いたいことは痛いほどわかります。わかってますとも! 「読むの、おっ、遅っっつ!!」 って言いたんですよね!?そうなんです、分かってるんで …

no image

自己啓発本を読んでもセミナーに行っても変わらないあなたへ

Monkeys! / Dyanna 偉そうに、「自己啓発本を読んでもセミナーに行っても変わらないあなたへ」なんていうタイトルを付けましたが、これって、はい、まさにボクのことですっ!!すいません(汗) …

no image

2時間で論理的な文章を書くために読む本:『伝わる・揺さぶる・文章を書く(山田ズーニー)』

インターネットというものが普及するにつれて、文章を書く技術というのはとても大事なってきているように感じます。 もちろん動画だったり写真だったりそういうマルチメディア的なネット環境もどんどん普及している …

no image

『「続ける」習慣』の方法で本当に30日続いた!

たびたび習慣化系、やる気を出す系の本を取り上げさしていただいておりますが、またしても習慣系の本をご紹介させて頂きます!今、Amazonで大人気のこの本を知ってますか? 30日で人生を変える 「続ける」 …

no image

Wine | Macを買う?Windowsを買う?そんな悩みはWineで考える必要が無くなる【前編】

MacでもWindowsアプリケーションを動かしたい! Wine ・フリーウェア ・Mac, LinuxなどでWindowsのアプリケーションを動作させるソフト 僕は、Mac派です。スティーブ・ジョブ …