アプリケーション

【動画】Mac OSX Mountain Lionクリーンインストール手順

投稿日:2012-08-30 更新日:

8th Place - Mountain Lion8th Place – Mountain Lion / USFWS Mountain Prairie

【動画】Mac OSX Mountain Lion(マウンテンライオン)クリーンインストール手順

みなさんこのあいだリリースされたMac OS X Mountain Lion(マウンテンライオン)、通称「山ライオン」はインストールされましたでしょうか?

MacのどこからでもTwitterにつぶやけたり、通知機能が通知センターの一箇所に集約されたり、そしてなんといっても、音声入力機能が搭載されたり、けっこう細かな使いやすさがグーンと良くなっています。

ボクも世の中の人柱のみなさまのご検討の結果を確認しつつ、Adobe系も問題無さそうとのことなので、ついに重い腰を上げて山ライオンへのバージョンアップを決心しました。

そして、せっかくジョブスの忘れがたみ、マウンテンライオンを入れるのなら普通のバージョンアップではなく、きれいさっぱりゴミファイルを片付けたクリーンインストールをしてみましょう。

どこよりも分かりやすい動画マニュアルも用意しましたので、どなたでもすぐできると思います。

Mac OS X マウンテンライオンのクリーンインストール手順

まず、大まかなインストール手順を箇条書きで軽くご紹介します。

それぞれの手順が動画のどこの時間で説明しているかのタイムマップも併記しておきますので、ピンポイントでここだけ見たいというかたにも便利かと思います。

  1. 【動画1 00:45 – 02:00】Time machine(タイムマシーン)でOS X 10.7の状態のバックアップを作成
  2. 【動画1 02:18 – 03:30】Mac App StoreからMountain Lionを購入・インストーラーダウンロード待ち
  3. 【動画1 04:00 – 06:48】Mac OS X 10.8 Mountain Lionリカバリディスク作成
  4. 【動画1 06:50 – 11:00】マウンテンライオン10.7から10.8へのバージョンアップ
  5. 【動画1 12:30 – 動画2 00:55】Time machine(タイムマシーン)でOS X 10.8の状態のバックアップを作成
  6. 【動画2 01:00 – 動画3 00:58】Mountain Lionのクリーンインストール
  7. 【動画3 01:00 – 06:20】移行アシスタントを使って、Time machineバックアップデータをマウンテンライオン上に復元する

では、クリーンインストール手順の詳細はいつもの動画でご覧ください。

1.事前のタイムマシーンバックアップ〜Mac App storeからMountain Lion購入〜OS X 10.8リカバリディスク作成〜OS X 10.7から10.8へのバージョンアップ〜OS X 10.8の状態バックアップ

2.OS X 10.8の状態バックアップ〜Mountain Lionクリーンインストール

3.Mountain Lionクリーンインストール〜移行アシスタントを使ってクリーンインストール前の環境をまるごと復元

いくつか注意点

基本的に動画の通り進めるだけなので、なにも問題ないかと思いますが、2つだけ引っかけ問題になりそうな点を補足しますね。

山ライオンをクリーンインストールして、初期セットアップに入った時のユーザー作成

この時作成するユーザー名は、必ず動画で説明している通り、バックアップから移行アシスタントで戻す予定のユーザー名(つまり、10.7で使っていたユーザー名)とは異なる名前を入力して下さい。

ボクはここで、「おっ、ユーザー名はいつものあれよ〜ん」と、10.7で使用していたユーザー名を設定してしまい、後々の移行アシスタントからバックアップデータを戻すときに、「バックアップから戻すユーザーと同じユーザー名がすでに作成されています」のような競合を起こしてしまい、クリーンインストールの手順をやり直しになっちゃいましたので。

移行アシスタントでのバックアップデータ復旧後のGoogle Driveの再設定

今回移行アシスタントからデータを戻したことで、全く問題なく昔どおりの環境を復元できたのですが、一箇所だけちょっとオロロとなったことがありました。

Google Driveアプリは、移行アシスタントでのリカバリ後、Googleアカウントからログアウトした状態になっています。ここで、Google Driveアプリに、再度ログイン設定をする前に、一度、ローカルの(Finderの中にある)Google Driveフォルダを削除することをおすすめします。

何も考えずにアプリでGoogleアカウントのログイン処理をしたところ、なぜかもともとあった「Google Drive」フォルダとは別に、「Googleドライブ」フォルダがローカルに作成されてしまい、中身が全く一緒のGoogle Driveフォルダが2つになってしまいました。

結局、同期されなくなった「Google Drive」フォルダのほうを削除してそれで完了なのですが、カタカナ表記の「Googleドライブ」フォルダが残ってしまい、昔のアルファベット表記が好きだったボクはちょっと悲しい思いをしてしまいました。

みなさんお気をつけ下さい。

クリーンインストールのポイントはTime machine(タイムマシーン)バックアップ!

今回のクリーンインストール、動画を見て頂ければ分かると思いますが、ポイントはズバリTime machine(タイムマシーン)バックアップです!

この子がデータをちゃんと持っててくれるおかげで、Macを工場出荷時のまっさらな状態にインストールしなおしても、超簡単にバックアップデータをまるっと戻せるのです!

この辺は、以前にこのブログ(カイモノログ)で紹介した「あぁ!Macが重いっ!と叫ぶ前に簡単Time Machineリカバリを(動画)」でも、その便利さを余すこと無くお伝えしています。

上の別記事でも書いていますが、タイムマシーンを有効に使うには、ズバリ外付けHDD(ハードディスク)は必需品!

ボクも2TBの外付けハードディスクを持っているのですが、それは今回山ライオンを入れたMacBook Airではなく、母艦のiMac用のバックアップディスクにしていますので、今回の動画ではお古の容量の少ない500GBのHDDを使うことになりました。(結果、10.7のバックアップを取って、消して、10.8でバックアップ取ってと2度デマに・・・。)

ビッグサイズの2テラバイト(2000GB!!)の外付けハードディスクが1万円を切ってるデフレスパイラルな世の中なので、このクリーンインストールの機会にぜひどうぞ。

BUFFALO 外付けハードディスク 2TB HD-LS2.0TU2J

おっきいのを机の上に置きたくないよーというかたは、引き出しにしまえる、うすうすなのに1テラバイトの「カクうす」がいいですよ。薄さ14ミリはパないです。こっちもやっぱり1万円しないです。

I-O DATA ポータブルハードディスク「カクうす」 1.0TB

-アプリケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Tom’s Planner | パソコンが燃えても、プロジェクトを止めさせないスケジューリングツール

クラウド時代到来の話は至るところから耳に入ってきていますが、まだまだメールやカレンダーなどを覗いて、クラウドベースの”使える”アプリケーションっていうのは多くは無いと思います。 …

no image

REUDO(リュード)の折りたたみキーボードRBK-2200BTiでiPhoneがPC化する!

皆さん、巷でREUDO(リュード)というiPhoneやiPadをはじめとするスマートフォンやタブレット端末で快適に使える無線接続のキーボードがあるのはご存知ですか?そしてあなたがもし、スマートフォンを …

no image

GIMP | 目に入る世界全てを加工したくなるモノ

GIMP − フリーウェア 殺風景なWebをGIMPでグラフィカルに変えたい!! 最近このブログをはじめ、非常に味気ないブログを量産してるなー・・・(´Д`)っていう女子みたいな悩みもあり、ふとデザイ …

no image

あぁ!Macが重いっ!と叫ぶ前に簡単Time Machineリカバリを(動画)

いかにMacといえども、いつかは重くなる Heavy Horses with Carriage / Dave Hamster いかにWindowsよりも使いやすく、セキュアで、オシャレなMac、しかも …

no image

BiND4 | アイデアをWeb上で形にできる魔法のブロック

BiND for WebLiFE 4 プロフェッショナル BiND4に出会った! 拝啓、皆様。突然ですが、皆さんはWebサイトってお持ちでしょうか? 持っている方は効率よくWebサイト運営ってできてま …